バーチャルオフィスとは

2018-04-07 未分類

起業するにあたってポイントになるのが、どこをオフィスにするかという点でしょう。オフィスをどうするかにあたって、バーチャルオフィスの活用を検討してみませんか?バーチャルオフィスとは文字通りバーチャル・仮想のオフィスのことです。オフィスはそのものを貸すのではなく、住所を借りるサービスと思ってください。バーチャルオフィスの住所を利用することは可能で、名刺やホームページに記載できます。そのほかにも便物の送付先に指定することも可能です。それだけでなく、法人登記をするにあたって所在地として登録できます。

バーチャルオフィス特に起業する際にバーチャルオフィスを活用するのはおすすめです。事業を立ち上げるにあたって重要なカギを握るのが、イニシャルコストをどう安く抑えるかです。特にその中でも大きなウエイトを占めることになるのが事務所の賃料といわれています。通常事務所を借りるにあたって、敷金・礼金の数か月分を最初に納める必要があります。中には保証金として賃料の少なくても半年・場合によっては1年分出費しなければなりません。もし月額30万円のオフィスを借りるとなると、保証金だけで180~360万円かかる計算になります。さらに内装工事などの費用も発生するでしょうから、1000万円近くオフィスを開くだけでもコストがかかってしまいます。

バーチャルオフィスの場合、入会金や少額の保証金だけで開設できます。内装工事ももちろん必要ないため、大幅なコストカットも期待できます。